氏名黙秘

無断転載禁止でお願いします 評価指摘歓迎

民実再現

第1 設問1

 1 小問(1)

(1)Xは、XのYに対する消費貸借契約に基づく貸金返還請求権を被保全債権として、YのAに対して有する80万円の売買代金債権の仮差押えをするべきである(民事保全法50条1項、20条1項)。

(2)上記手段を講じない場合、AがYに対して弁済をし、Yがそれを費消した場合、Yは無資力となるので、XはYに対して強制執行をしても充分な満足を得ることができない。しかしながら、上記手段を講じれば、AはYに対して弁済をすることができなくなり、仮に弁済を行ったとしてもそれは無効となる(同法50条1項)。そのため、上記の問題が生じなくなり、XはYのAに対して有する80万円の売買代金債権により満足を得ることができる。

(3)以上より、Xは上記手段を講じるべきである。

 2 小問(2)

 消費貸借契約に基づく貸金返還請求権及び履行遅滞に基づく損害賠償請求権 2個

 3 小問(3)

 被告は、原告に対して、100万円及びこれに対する平成28年10月1日から支払済みまで年五分の割合で金員を支払え。

 4 小問(4)

 ア Xは、Yに対して、平成27年9月15日、100万円を貸し渡した。

 イ XとYは、同日、YがXに対して平成28年9月30日までに100万円を返済することを合意した。

 ウ 平成28年9月30日は経過した。

第2 設問2

 1 小問(1)

➀には、「本件消費貸借契約に基づく貸金返還債務の履行として、平成28年9月30日、100万円を支払った。」が入る。

 2 小問(2)

(1)(ⅰ)について

 ②には、「YがXに対して有する8万円の売買代金債権をもって、本件消費貸借契約に基づく貸金返還債務と相殺する意思表示をした。」が入る。

(2)(ⅱ)について

 Qは本問記載の事実を主張する必要がある。

 相殺の実体法上の要件として、債務の性質が相殺を許さないものではないことがあげられる(民法505条1項但し書き)。Yは相殺の抗弁にあたり、売買契約に基づく代金請求権を自働債権としている。売買契約は双務契約であり、同時履行の抗弁(同法533条)が当然に付着する。そのため、アの主張によって、同時履行の抗弁が当然に付着していることが基礎付けられる。そして、同時履行の抗弁それ自体の存在効果から当該債権は相殺をすることができないこととなるため、Yは抗弁事実において、先履行をした旨の事実を主張しなければならないことになる(せり上がり)。

 以上より、Yは、先履行をした旨の事実として、「Yは、Xに対し、平成19年10月1日、アの売買契約に基づき、本件カメラを引き渡した。」事実を主張しなければならない。

第3 設問3

 1 Pは相殺の抗弁に対して、消滅時効の再抗弁を検討しているが、民法508条によりその主張が認められないと判断し断念したと考えられる。

 2 判例は、「消滅以前」を時効満了以前、「相殺に適する」とは相殺適状を意味するとしている。

 本件において、本件カメラの売買代金債権の時効完了時期である平成29年10月1日(民法167条1項)の前の平成28年9月30日に自働債権も受働債権も共に弁済期を到来し相殺適状になっている。したがって、民法508条により、本件カメラの売買代金債権が消滅時効にかかっていても、Yはその債権をもって相殺することができる。

 したがって、Xの消滅時効の再抗弁は認められない。

第4 設問4

 1 Xは、領収書がないことを理由に弁済の事実を否定しているが、Yは領収書を処分してしまったにすぎない。すなわち、真正に作成された②からわかるとおり、Yは平成29年8月31日に引っ越しをしており、その際、Yは領収書を不要な書類として処分している。引っ越しの際に書類を整理することはよく見られるものであり、XとYは友人であること、返済して1年経っていたことから考えると、以後弁済の事実を争うことはないだろうと考え、領収書を不要な書類として処分することも合理的であり自然である。そうすると、領収書がないことは、弁済の事実を否定する方向へと働かせるものではない。

 2 Yは、Xに平成28年9月30日に100万円を支払っている。真正に作成された①からわかるとおり、Yは平成28年9月28日、29日に100万を自己の口座から引き出している。これは、弁済日の前日、前々日であること、弁済額と同額であることを考慮すると、Xに対して弁済するために100万円を引き出したものであると考えるのが自然である。また、Xは、弁済以後の平成29年9月半ば頃以降、Yに対して恨みを抱いており、弁済の事実がなかったと虚偽の主張する動機がある。

 3 以上より、YはXに100万円の弁済の事実が認められ、弁済の抗弁は認められる。

                                   以上

                                       

雑感

再現率95%

おそらく受験生のほとんどが手ごたえを感じたであろう科目

細かいところは指摘できるけど、大筋は間違ってないと思う(?)。

差がつきにくく、主に刑実で実務基礎の評価が分かれることになるのかな?