氏名黙秘

無断転載禁止でお願いします 評価指摘歓迎

評価予想

発表まで一週間前ということもあり、自分なりに評価予想をしてみます。2名の予備合格者の方に答案を読んでもらい、簡単なコメントを頂いたので、それも踏まえてできるだけ客観的に予想してみたいと思います。

憲法

争訟性をはじめ、全体的に浅い検討になっているが、全体として型は整っていることと、主要な争点は拾えてる。

B~C予想。

行政法

設問Ⅰは合格レベル。設問2は裁量の指摘がないことが痛手(2名とも指摘受けた)。

B予想

民法

設問Ⅰは書けているが、設問2のミスが痛い。

C~D予想

【商法】

設問Ⅰの出題趣旨次第なところは大きい。設問2がそこそこミスっている。難問が故に受験生は書けていないと予想。

B~D予想

【民訴】

全体的に構成は間違っていない。しかし、あてはめにいくつかミスがある。難問が故に受験生は書けていないと予想。

A~B予想

【刑法】

全体的に構成は間違っていない。事実もほどほどに拾えており、評価もされている。共謀の射程が一部間違っており、詐欺と横領の関係は指摘できていないが相対的にみれば沈んでいないと思われる。

A~B予想

【刑訴法】

職務質問要件落とし、設問2の結論の妥当性がどこまで響くか。おそらく受験生全体の出来もよい。

B~C予想

【実務基礎】

民実はおそらく合格レベル。刑実は最低限は拾えてる。難問が故に受験生の出来が悪かったと思われる。

A~B予想

【一般教養】

わからないです。D~E予想。

 

まとめ

憲法  B-C

行政法 B

民法  C-D

商法  B-D

民訴  A-B

刑法  A-B

刑訴  BーC

実務  A-B

一般  D-E